営農情報

No.2 農業用機械盗難防止について

2017.04.06

No.2 農業用機械盗難防止について

 

ふくしま未来  TAC情報 No.2

 

農業用機械盗難防止

 

 

平成29年 4月 6日

JAふくしま未来 営農部

 

 注意  農業用機械がねらわれています!

・・・・大切な農業用機械は自ら守りましょう・・・・

毎年、ふくしま未来の管内でも農業用機械の盗難が発生しています。盗難は、圃場に放置されたままの機械だけでなく、施錠を忘れた自宅敷地内の倉庫からも盗難されている場合もあります。

今年も農繁期を迎え、大切な農業用機械は自ら守りましょう―――――!

 

盗難を防ぐためには

① 盗難に遭わない事が1番ですが、盗難にあった時のために「農機具の型式区分・車体番号等」を控えておきましょう。

② 年に一度しか使わない農機具は、盗まれていても気がつかないことがあります。定期的に格納場所の確認をしましょう。

 

大切な機械を盗まれないために

田畑等の目の届かない場所に放置しない。

格納庫に保管する場合でも、エンジンキーを抜いたうえで別に管理する。

③ 格納庫にも施錠する。格納庫の前に障害物を置く。

圃場に置きっ放しにすることは、持って行ってくださいといっているようなもの。作業を終えたら必ず格納する。キーをシートの下に隠したり、工具箱の中に入れたり、犯人は当然お見通しです。必ず別の場所で管理しましょう。

④ 盗難防止器具を利用する。

ハンドルロック、シェフトロック等、盗難防止器具が市販されています。これらの器具も利用して防止策を講じましょう。

保管場所が庭先でも油断しないでください!

実際の被害では「放置している機械を下見してから夜間に盗難される」「年に数回しか使わない機械をシーズンオフ中に盗難される」などの事例も発生しています。持ち出しされないよう、自ら工夫しましょう。

 

万一盗難われた場合

最寄りの警察署・110番に連絡してください

①盗難届を最寄りの警察署に届出してください。

② その際には、盗難届出証明書を貰ってください。

 

 

平成29年の農作業安全運動

農繁期となり、体調管理に十分留意し、農業機械の操作にも十分注意を払ってください。

農作業事故の原因は、安全確認不足や、誤操作などが多く、これらは作業者が注意すれば防げる場合が多くあります。

 

・・・ 近所での一声運動を進めましょう。

 

 

 営農部 農業振興課

 

Page Top