営農情報

No.31 エンドウ類の栽培について

2017.10.27

No.31 エンドウ類の栽培について

 

くしま未来 TAC情報 No.31

 

 

~栽培者急増中!エンドウ類の栽培方法~

 

平成29年10月27日

JAふくしま未来 営農部

 

 

春先一番の換金作物の代表エンドウ類の栽培を始めてみませんか?

 

エンドウ類の栽培方法

【栽培のポイント】

①酸性土壌は生育不良の原因

エンドウ類は酸性土壌では生育不良の原因となりますので、土づくりの際は苦土石灰肥料を必ず施用し酸度矯正を行いましょう。

②連作障害対策は必須

エンドウ類は連作障害が発生し易い作物です。連作は極力避け1~2年程度栽培したら新たな圃場へ作付をしましょう。

③種子の腐敗、古い種子に注意

エンドウ類は他の野菜と比較しても種子の大きさは大粒で、土壌が加湿状態になると種子が腐敗します。天気予報に注意して播種を行いましょう。また、エンドウ類で古い種を使用すると発芽率が下がりますので、毎年新しい種を購入しましょう。
 

【播 種】

①播種時期

播種時期(目安)

スナップ・サヤエンドウ

露地播きの場合

10月末~11月10日頃

被覆播きの場合

12月上旬~中旬

※被覆播きの場合、2月中旬頃新芽が伸長してきたら、二重カーテン及びトンネル等で保温を開始しましょう(カーテン及びトンネルを併用した方が早期収穫できます)。

 

②害虫防除

コガネムシ類幼虫防除のため、作条施用土壌混和での登録のある農薬(粉剤)などを散布しましょう。

③播種(直播)

播種量は10a当たり3~4リットル準備しましょう。1株当たり2~3粒播きとし深播きしないようにしましょう(種の大きさの2~3倍の覆土がベスト)。本葉3枚程度(草丈3~4㎝以下)で越冬するように原則直播とします。

④播種時の注意点

播種後のかん水は禁物です。播種前日にかん水しておきましょう。発芽温度は18~20℃。

⑤畝つくり

畝間は130~150㎝とします。株間は20~30㎝とります(成長すると過繁茂になるので株間を広めに確保してもいいでしょう)。湿害を防ぐため、若干高畝とし排水性を確保します。

 

【施 肥】

 10a当たり(PH 6.5)

肥料名

元肥

成分表

チッソ

リンサン

カリ

完熟堆肥

2,000kg

 

 

 

苦土石灰(粉)55%

120kg

 

 

 

ルートファイターZ

100kg

1.6

2.0

 

リンスター30

20kg

 

6.0

 

さや・いんげん専用

100kg

10.0

12.0

10.0

※施肥量が多すぎると、花落ちが激しかったり収穫が遅れたりする原因になるので注意して

ください。スナップは上記施肥より若干多肥栽培とします。

 

   

▴みらいろ物語『さや・いんげん専用』

(その他の野菜には『やさいオールスター』を施肥しましょう!!)

 

【追肥と土寄せ】

①つるぼけしないように、基肥は控えめとし追肥重点に管理します。1回目は3月中旬の株立ち始め、以降4月開花始めの時期より樹勢をみながら通路へ3回程度行います。

②土寄せは3月中旬に行い、株元の排水を良くするために片側のみにします。なお、越冬前12月中旬に東西うねでは北側に、南北うねでは西側に土寄せし防寒します。

 

【間引きと補植】

①発芽が良く苗が混んでいる場合は間引きを行います。その際は根を傷めてしまう恐れがあるので、引き抜かず株元から切り取るようにします。

②欠株が多くある場合は減収の原因となるので、予め補植苗を準備し補植しましょう。
 

【支柱立て】

①2.5mおきにパイプ支柱を立てて、幅185㎝のネットをはります。生育に応じてテープ(5~7段)をはります(3月下旬)。

 

【病害虫予防】

(重点:べと病、灰色かび病、ハモグリバエ類)

①病気の発生しにくい環境づくりが重要

 通風確保、過繁茂に注意しましょう。

 

☆特にこの虫には要注意!ハモグリバエ対策☆

被害

幼虫が葉のなかで葉肉を摂食することでくねくねとした痕跡を残します(エカキムシとも呼ばれる)。また、成虫は産卵管で葉表面に小さな穴をあけ葉内に産卵するため春に被害が多発します。

 

防除方法

①多発生してからでは防除効果が劣るので早期からの予防散布に努めましょう。

②圃場周辺の雑草にも寄生となる植物があるので、圃場周辺の除草を定期的に実施しましょう。

③発生圃場での連作はやめて、害虫密度低減を図りましょう。

④登録のある薬剤で防除を行いましょう。

農薬はラベルをよく見て適正に使用しましょう!

営農部 農業振興課

 〃   園 芸 課

 

Page Top