特産品情報

JAふくしま未来の管内には、様々な特産品があります!

このページでは、伊達地区にある多くの特産品をご紹介します。

果物
  • さくらんぼ

    サクランボは、収穫期に入るとたちまち最盛期を迎えるように、いっせいに実り、また、日持ちも良くないため、その旬は短く、超早出しのものはニュースになるほどの高値で取引されるなど、話題性のある果物です。
    また、雨や湿気に弱く、天候の影響を受けやすいとてもデリケートな性質のため、雨よけのための施設化など、生産農家では特にその栽培に神経が使われています。

  • プラム

    主に山間部の限られた栽培環境で生産されるプラム。管内、霊山地区や国見地区を中心に生産されています。中でも、霊山地区で育種され誕生した「大石早生」は、その食味の良さから、最も栽培面積の多い品種のプラムです。管内で生産されているプラムの品種は主に「大石早生」「ソルダム」、「太陽」など。ほどよい酸味が特徴のプラム、根強いファンも多いくだもののひとつです。

  • 桃「もも」は、語り継がれる伝説の木の実。元来、モモというのはフルーツの総称で、昔から食べられる木の実はすべてモモと呼ばれていたようです。酸っぱいからスモモ、山で採れるからヤマモモ・・・、といった愚具合に。
    原産地の中国では、モモはめでたい果実で、多くの伝説が生まれています。日本には、弥生時代のころからあったとされ、『古事記』や『万葉集』などにも登場し、平安から鎌倉時代には、『水菓子』といわれ珍重されていました。室町時代には、いまでもよく知られている『桃太郎伝説』が生まれています。
    今日のような甘いモモは、明治期に中国から導入されたあと、品種改良された、日本独自のものです。

  • ブドウ

    幅広い層に人気のブドウ
    ブドウは現在、世界でもっとも生産量の多い果物です。日本では生のまま味わうことが多いですが、世界ではその70%が醸造原料にされています。健康への効果が期待されるポリフェノールは果皮部分に多く含まれています。伊達みらい管内では、主に黒色系の大粒種の栽培が行われ、子どもからお年寄りまで幅広い世代から愛されている果物の一つです。

  • りんご

    秋の味覚の代表とも言えるリンゴ。管内でも「ふじ」を中心に、「陽光」、「ジョナゴールド」、「王林」などの品種が栽培されています。「ふじ」の中でも袋をかけずに栽培される「サンふじ」は、太陽をいっぱいに浴びることで、とても甘い、蜜入りリンゴとして高い人気が得られています。また、青系の「王林」は、管内の桑折町で誕生したものです。リンゴは、収穫期となる10月〜11月にかけて多く出回るのはもちろん、低温貯蔵により長期間流通されています。
    リンゴは、健康にも大変良い効果があると言われ、ことわざにも、「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」とあるほどです。また、ストレスの原因である自律神経の乱れを正常に戻し、自律神経の変化から来る病気や疲労をスムーズに取り除く効果もあると言われています。

  • あんぽ柿

    自然豊かな気候風土と伝統の技が生み出す、特産のあんぽ柿。
    管内900件を超える生産農家が、手間ひまかけて仕上げた自然の美味しさです。なんと言っても、きれいなアメ色をした色つや、表面はしっかり乾燥し中はトロリとした口当たりの良さがあんぽ柿の特徴です。この特徴を生み出す技は、そもそも管内梁川町五十沢で生まれたもので、今もなお、伝統の技術として受け継がれています。
    あんぽ柿は冬期間の主要作物として、JAが取り扱う販売品目の中でモモに継ぐ2番目の販売高を誇ります。加工工程では、自然乾燥はもちろん。機械を使った仕上げ乾燥のほか、乾燥期間を大きく短縮する乾燥機の導入も進み、年内出荷率の向上も図られています。

野菜
  • いちご

    子どもから大人まで幅広い年齢層に好まれ、人気の高いイチゴ。
    野菜に分類されるものの、その食味は甘くてとってもジューシー。パフェやケーキなどの素材としても使われ、私たちの食生活の中で、一般的にフルーツといった立場で食べられています。
    管内のイチゴ生産は、霊山や梁川などを中心に栽培が盛んです。ハウスで栽培される中で、夜冷育苗技術の普及により、早期出荷が可能となり、11月〜6月までの長期間出荷されています。特に、クリスマスケーキ用として需要が高まる12月に向けた出荷量も年々増加しています。一方では、養液栽培による高設栽培の普及も進み、作業の効率化も図られています。

  • きゅうり

    見栄えのよさが求められてきた野菜。
    かつては、寒さに強い黒いぼ種と低温に弱い白いぼ種がありましたが、品種改良とハウス栽培の普及もあって、現在はほとんどが白いぼ種での生産となっています。
    キュウリは、その見た目のよさが重視されてきた野菜。もともと、表面の白い粉(ブルーム)は果実の自然な営みであるものの、触ると手の跡がついて汚れと見られたり、ときには農薬とまちがえられたりして、白い粉のない「ブルームレス」へとその見た目が大きく変化されてきました。また、多少の曲がりは、食味、栄養価とも問題がないのにもかかわらず、曲ったキュウリは嫌われ、まっすぐなものが求められてきました。

  • エンドウ類

    エンドウ類(サヤ・スナップ・ピース)
    食べ方いろいろエンドウ類。
    和食の彩りに欠かせないサヤエンドウ若いサヤを食用とする「サヤエンドウ」、結実した実をやわらかいサヤごと食用とする「スナップエンドウ」、結実した実を食用とするグリーンピース。エンドウ類はその種類よって使い分けられています。サヤ、スナップは、カロテンやビタミン類を豊富に含む緑黄色野菜。スムーズな産地リレーにより、一年中流通している食材の一つです。食べ方もさまざまで、和・洋・中と料理の幅も広い優れもの。
    特にサヤエンドウは、和食の彩りには、なくてはならない存在です。

  • アスパラガス

    アスパラギン酸のパワーで疲労回復
    最近では、紫色のアスパラガスが出回るようになり、白、緑、紫と色とりどりのアスパラを楽しめるようになりました。管内では、 主にグリーンアスパラを栽培しています。グリーンアスパラガスは、カロテンやビタミンCなどが多く含まれる緑黄色野菜です。
    名前の由来になった「アスパラギン酸」がたっぷり含まれています。

  • トマト

    大玉トマトに加えて、ミニトマト、中玉トマト、近年ではフルーツトマトなど、種類も豊富で、野菜の中でも特に高い人気を集めているトマト。ビタミンCやカロテンといった栄養も多く含まれ、健康野菜の代表といったところでしょう。
    管内では、ビニールハウスによる雨除けハウス栽培が主に行われています。品種では、特に従来の桃太郎が中心となっています。

  • ピーマン

    「きゅうり」や「なす」とともに、夏野菜の代表選手のピーマン。最近のピーマンは、品種改良によって、ピーマン独特の香りや苦みも少なくなり、サラダなどでも食べやすくなりました。
    緑色のピーマンを完熟させると、赤ピーマンになります。完熟させると、独特の香りも減り、甘みも増します。緑色のピーマンに比べて、ビタミンCが約2倍に、カロテンの量も約3倍に増えます。

  • ニラ

    スタミナ野菜や健康野菜としても注目を浴びている「ニラ」。
    ニラには血液の循環を良くする作用があるので、ニラを食べると体がポカポカして、風邪や冷え性にはもってこいの野菜です。また、寒い季節の食卓に登場する鍋ものには欠かせない食材として、人気の高い野菜です。
    管内では、秋冬期を中心に生産・出荷が行われています。ハウスでの栽培が中心で、品種では、品質が良く棚持ちも良い「ワンダーグリーンベルト」が全体の約8割を占めています。

  • 春菊

    地中海沿岸が原産地で、キク科キク属の春菊。
    日本へは、室町時代に渡来したといわれ、江戸時代から栽培が始まりました。管内では、ハウス栽培やトンネル栽培、露地栽培などが行われ、10月〜3月が主な出荷期となっています。ニラと共に管内で生産される秋冬野菜の主力品目として栽培出荷が行われています。
    鍋物の食材として、欠かせない春菊は、寒さの厳しいこの時期に特に需要が高まる品目です。

穀類
  • 福島県中通り地方で育てられるお米は、モチモチしたねばりと特有の歯切れの良さに加えて、噛めばかむほど出てくる、お米本来の甘みが特徴です。
    お米の産地と言えば、新潟県や秋田県などを連想します。実は福島県は、宮城県・山形県とともに、その新潟・秋田に次ぐ大産地なんです。その中でも、福島県の「中通りの米」というと、甘い香りを感じられるお米として、東京都内の有名料理店やお寿司屋さんなどの食通が通う名店が好んで使うことでも知られています。福島県の中でもごく限られたこの地域でしか獲れない「幻の中通り産コシヒカリ」をぜひご賞味ください。

菌茸類
  • 菌茸類

    菌茸類には、シイタケ、ヒラタケ、マイタケ、エノキ、エリンギなど、多くの種類があります。通常出回っているキノコは、大半が栽培されているものです。栽培方法としては、おがくずなどを用いた床に菌を植え付けて育てる菌床栽培が主なものです。菌茸類の栽培は、殺菌剤の使用はもちろん、殺虫剤等の農薬を一切使用しない完全無農薬栽培。言うまでもなく、安全・安心な健康食品です。
    当JA管内でのキノコ栽培は、菌床栽培中心のシイタケがほとんどを占め、そのほかナメコ、ヒラタケなどがあります。また、主に原木シイタケが用いられる乾燥シイタケも出荷されています。

加工品
  • 伊達の蜜桃

    伊達の白桃100%使用伊達の蜜桃
    その名も「伊達の蜜桃」。濃厚で贅沢な味わいをお楽しみください。
    福島桃の最高峰『伊達の蜜桃』を贅沢に100%使用し、砂糖・香料を一切使用せずに作った風味豊かな桃ジュース。その名も「伊達の蜜桃」。とっても糖度の高い「伊達の蜜伊達の蜜桃桃」が持つ甘さと風味をそのままジュースに作り上げました。
    今年収穫した「伊達の蜜桃」だけを使っているため、数量限定による販売です。濃縮還元ではないので、本物の桃と同じ風味と、食べたときに広がるほんのりとまろやかに広がる味わいが楽しめる逸品です。贅沢な味わいを是非ご賞味ください。

  • 桃の恵み

    伊達みらい産の美味しい桃をそのまま搾った100%ストレートジュース。
    桃本来の味わいをそのままジュースで再現しました。まるで、桃を食べているかのような味わいがお口いっぱいに広がります。
    8月に収穫される伊達みらい管内産の桃を使用して製造しています。毎年9月からの販売となっています。
    伊達みらい産の桃の美味しさが存分に味わえる「桃の恵み」をぜひ、ご賞味ください。

Page Top